どちらも酵素が摂れる!酵素ドリンクとグリーンスムージーの違い

近年注目がされている酵素ですが、もとは人間の体にある成分です。
摂取した食物の消化や代謝が正常に行われるために必要な成分ですが、体内での酵素の量が不足がちになることで太り易く痩せにくい体質となります。
効率よく酵素を摂取するための食品として酵素ドリンクやグリーンスムージーを有名人の間でも使用する人がいます。
では、酵素ドリンクとグリーンスムージーの違いとはいったいどのようなものなのでしょうか。
まず、グリーンスムージーは手軽に自分の手でつくることができます。
生野菜や好みのフルーツをミキサーにかけるだけの簡単調理で大量の酵素を摂取できることが特徴です。
一方酵素ドリンクは自宅で作ることも可能ですが、発酵に失敗する例が多いなど市販されているものを購入することが無難と考えられます。
酵素ドリンクは発酵食品の分類であることからも、グリーンスムージーとの大きな違いは発酵されているかいないかです。
またダイエットの空腹を満たす意味では、グリーンスムージーは大量に飲むことが出来る点で良いとされますが、ダイエットに大敵な便秘症状には植物発酵エキスが含まれた酵素ドリンクが腸内環境を整える特長を持つとされ効果を発揮しそうです。